STAFF

服部 太希 Taiki Hattori

高校卒業後、スポーツをしていた経験から治療の道に進みたいと思い鍼灸の専門学校に入学しました。
鍼灸だけではなく、スポーツについても学ぶことが出来、多くの知識と技術を身に付けることが出来ました。
また、在学中に接骨院でアルバイトをし、施術テクニックや接客についても厳しく指導を頂きました。
鍼灸学校卒業後は更に自分のスキルを増やしたいと思い、柔道整復学校に再入学し合計6年間専門学校に通いました。
柔道整復学校は夜間のクラスに通っていたので、日中は整形外科で鍼の仕事と、病院内にあるフィットネスクラブで脳や心臓に疾患のある方や、生活習慣病の改善を目的とした方への運動指導を経験しました。
6年間の専門学校生活の後、ご縁を頂き鍼灸接骨院で4年間勤め経験を積みました。
身体の痛みに悩みを抱える方が多かったのですが、その中で体質改善を求める声も多数ありました。
中でも印象に残っているのが、低体温の方で平熱が35度台で年中冷えに悩まされていましたが、施術を続け、時間はかかりましたが36度台まで体温が上がりました。
また貧血がある方にお灸の指導をしたところ、数週間で血液中の赤血球の数が正常値まで戻った方もいました。
正直私も驚きましたが、改めて東洋医学には無限の可能性があると感じ、このスキルを活かして社会に貢献したいと思い開業を決意しました。

自己紹介
自他ともに認める真面目人間です。
とにかく人のためになることが大好きで、お客様や周りの方に喜んで頂けることが私の喜びでもあります。
寡黙な印象があると言われますが、興味があることは永遠に話し続けれます。
元卓球選手で、今でもパラリンピックの卓球選手とは交流があり、たまにコーチをすることもあります。
映画や海外ドラマ、ファッション(特にスーツにはうるさいです)インテリアなどが好きで、最近は美術や芸術系にも興味があります。

伏屋 美咲 Misaki Fuseya

私は高校卒業後、鍼灸の専門学校へ通い鍼灸師の国家資格を取りました。
私が通っていた学校は鍼灸科と美容コースが併修出来たので、アロマ・エステ・フェイシャル美容鍼・食養生・メイクなど3年間で色々なことを学びました。
週6日ほぼ毎日学校に通いましたが、苦では無かったです。鍼灸師になろうと思ったきっかけは色々あるのですが、美容コースを選んでいて本当に良かったと思います♪

卒業後、鍼灸の国家試験に合格し、鍼灸師として社会人となり、名古屋の有名治療院に勤めました。
はじめは練習のしすぎでペットボトルが開けられない!お箸が持てない!なんてことも…
治療・接客・経営・人間関係など勉強の毎日…
朝8時から夜11時・12時まで治療院にいるなんてこともザラでした

自分の未熟さに悔しくて、悲しくて、過呼吸になったり…
睡眠障害のようになり、目覚まし4・5個かけても全く起きられず、寝坊が怖くて夜眠れないという悪循環。。
仕事はやりがいもあり楽しかったのですが、このままでは自分の身体が持たない!
同じ毎日の繰り返しでいいのか?と、感じ始めていた頃ご縁があり、4年勤めた会社を辞め新たな職場へ。
なんと!規則正しい食生活のおかげか10㎏近く痩せました!
階段を登るたびに息切れしていたのが嘘のよう(笑)
規則正しい生活や食事の大切さを痛感し、以前から興味があった薬膳を学ぶことに。
休日を使いながら、1年半かけて国際中医薬膳師という資格を取りました。

そして、前から夢だった
からだのこと、こころのこと、食べ物のこと、
ゆっくりお話し出来る素敵なサロンをつくりたい!という想いが強くなっていきます。
治療院だとどうしてもお客様おひとりに向き合う時間が限られてしまいます。
決められた時間だけ施術をして、流れ作業のように次の方へ…というやり方は疑問に感じていました。

ROOT×やどり木はゆったりとリラックスして施術を受けて頂ける、完全予約制のサロンです。
こころやからだの状態を考慮し、しっかりと施術させて頂きます。
お客様自身でもこころやからだを見つめ直して頂けるよう、自宅でのケアやアドバイスなどもさせて頂きます。

ROOT×やどり木のコンセプトは「施術により心身をリラックスさせ、潜在的な力を最大限発揮させること」です。
ROOTとは根っこの意味で、どんな草木も根がしっかりしていないと育ちません。
根を支える存在になるという意味が込められています。
やどり木は漢字では宿木と書き、同じ箱の中に人が百人集まるという意味で、そこから新たな御縁が生まれる場にしたいという願いが込められています。

縁の下の力持ちであり、御縁を繋ぐ場としてお役に立てるサロンでありたいと思っています。

Gallery from Instagram